俺を目の敵にするクソ教師母娘を媚薬と催眠で肉便器にしてみた

Adult

俺を目の敵にするクソ教師母娘を媚薬と催眠で肉便器にしてみた

  • Digital
    1,200 JPY

とある進学校に通うロン毛で小太りな主人公は 有名な外科医である父親とは似ても似つかぬほど学力が低く 部活にも所属せずすぐに帰宅して怪しい趣味の「催眠」を 一人ひそかに研究するような地味な男子学生だった。 だがある日、主人公は偶々自分のクラス担任で 学校一陰険で有名なヒステリー爆乳教師の水野美和子と 階段で出合い頭にぶつかってしまい倒れた際に その爆乳を掴む形で押し倒してしまう。 結果的に主人公はこの事件がもとで このヒステリー爆乳教師に目を付けられてしまい 毎日色々な理由を付けては用事を押し付けられる ようになってしまうのだった…。 しかも、その後俺は それまでは俺の存在自体に気が付いていなかった ヒステリー爆乳教師の娘で生徒会長の水野リナと その姉でトラブルメーカーで有名な暴力ギャルの 水野リサの二人からもパシリに認定されたあげく 医者の息子で金を持っているだろうと言う事で 金を毎日巻き上げられるようになってしまうのだった。 そうして主人公は決して成績は良くはないが 地味で平和な学生生活を送れるハズだったにも関わらず 偶々出会ってしまったヒステリー爆乳教師母娘に それを破壊されてしまい怒りを募らせるのだった。 そしてある日主人公はある事を思いつくのだった。 それは自分の趣味で研究していた「催眠」と 父親が密かに愛人とセックスする際に使っていた 強力な「媚薬」を合わせて使えば あのヒステリー爆乳教師母娘に復讐出来るのではないか と言う事だった。 それから数日後、主人公はまず 毎朝自分を用事と称して呼び出していた ヒステリー爆乳教師に対して二人きりになるタイミングで 教師の飲み物に睡眠薬と媚薬を混入させてから飲ませ 意識が朦朧とし始めた所で催眠をかけようとするのだった…。 セリフあり、なし、差分含めて合計306ページ。 画像サイズは横1920×縦1440。 JPEG版とPDF版を同梱しています。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

とある進学校に通うロン毛で小太りな主人公は 有名な外科医である父親とは似ても似つかぬほど学力が低く 部活にも所属せずすぐに帰宅して怪しい趣味の「催眠」を 一人ひそかに研究するような地味な男子学生だった。 だがある日、主人公は偶々自分のクラス担任で 学校一陰険で有名なヒステリー爆乳教師の水野美和子と 階段で出合い頭にぶつかってしまい倒れた際に その爆乳を掴む形で押し倒してしまう。 結果的に主人公はこの事件がもとで このヒステリー爆乳教師に目を付けられてしまい 毎日色々な理由を付けては用事を押し付けられる ようになってしまうのだった…。 しかも、その後俺は それまでは俺の存在自体に気が付いていなかった ヒステリー爆乳教師の娘で生徒会長の水野リナと その姉でトラブルメーカーで有名な暴力ギャルの 水野リサの二人からもパシリに認定されたあげく 医者の息子で金を持っているだろうと言う事で 金を毎日巻き上げられるようになってしまうのだった。 そうして主人公は決して成績は良くはないが 地味で平和な学生生活を送れるハズだったにも関わらず 偶々出会ってしまったヒステリー爆乳教師母娘に それを破壊されてしまい怒りを募らせるのだった。 そしてある日主人公はある事を思いつくのだった。 それは自分の趣味で研究していた「催眠」と 父親が密かに愛人とセックスする際に使っていた 強力な「媚薬」を合わせて使えば あのヒステリー爆乳教師母娘に復讐出来るのではないか と言う事だった。 それから数日後、主人公はまず 毎朝自分を用事と称して呼び出していた ヒステリー爆乳教師に対して二人きりになるタイミングで 教師の飲み物に睡眠薬と媚薬を混入させてから飲ませ 意識が朦朧とし始めた所で催眠をかけようとするのだった…。 セリフあり、なし、差分含めて合計306ページ。 画像サイズは横1920×縦1440。 JPEG版とPDF版を同梱しています。